グリッター






アミノフライトに含まれているアミノ酸


必須アミノ酸と非必須アミノ酸
私たちのカラダをつくる20種類のアミノ酸のうち、9種類は体内で合成できないため、食事によって取り入れなければなりません。このアミノ酸は”必須アミノ酸”と呼ばれており、不足すると体内で様々なトラブルの原因となるため、意識して摂取する必要があります。残りの11種類は体内で合成することが可能で、”非必須アミノ酸”と呼ばれます。”非必須”と言われると必要のない物のように感じられますが、重要だからこそ外部に頼らず、体内で合成されるのです。

遊離アミノ酸
肝臓や筋肉などの組織内だけに限らず血液中などに蓄えられ、体内を循環するアミノ酸があります。これは「遊離アミノ酸」と呼ばれ、アミノ酸が不足した組織に取り込まれタンパク質の材料となります。反対に、組織内の遊離アミノ酸が過剰になると、血液中に放出します。アミノフライトに含まれる”シトルリン”もこの遊離アミノ酸の一種で、様々な機能向上に役立っています。

▲ページトップに戻る



アミノ酸とは
アミノ酸とはタンパク質を構成している最少の成分。自然界では数百種類のアミノ酸が確認されていますが、その中で私たちのカラダを作るアミノ酸はわずか20種類。筋肉や内臓、皮膚、遺伝子情報であるDNAなど、全てがこの20種類の組合せで作られています。私たちのカラダを構成する成分は、約60%の水分と約20%のタンパク質、脂肪やその他の成分が約20%。つまり、カラダの5分の1がアミノ酸で作られているのです。

カラダが喜ぶアミノ酸
アミノ酸は、いずれも私たちの体を作る上で欠かせない重要な成分ですが、どのように吸収されるのでしょうか。 私たちが食べた肉や魚、 穀物に含まれるタンパク質は、ペプチドという状態を経て、最小の状態であるアミノ酸に分解されます。その後、私たちの体を作るタンパク質として 再度組み換えられ、筋肉や内臓等の各組織を構成します。”アミノ酸”はそれ以上分解する必要が無いため摂取後約20分という速さで吸収され、 カラダへの負担もかかりません。このため、運動前でも胃腸に負荷をかけずにアミノ酸を補給できます。


▲ページトップに戻る